落雷で損害を受けた場合の共済金の支払い

○落雷で被害を受けた品物によって、家具類の加入がないと支払対象とならない場合があります。
建物からの支払対象になる
主な電化製品等
家具類からの支払対象になる
主な電化製品等
エアコン・アンテナ・ブースター
ボイラー・照明器具・
ブレーカー・洗浄機能付便座
電動シャッター・インターホン
給湯器・換気扇等
テレビ・電話機・パソコン
・ビデオ・DVD・
FAX・モデム・ルーター・
電子レンジ・オーブン・
洗濯機・冷蔵庫・ゲーム機等

○建物からの支払対象になる電化製品等の場合

建物に100万円加入していたが、落雷で損害を受けたら100万円まで補償されるの?

例)Nさんの家に落雷があり、エアコンに被害を受けた。修理を依頼したが修理不能、同等のエアコンを購入するのに10万円の費用がかかるという。
◎Aさんのお宅は、住宅155u(約47坪)で一般的な住宅(坪単価@55万円)で評価額は2,585万
47坪×@55万円 = 2,585万円
加入額 100万円の場合
支払いは・・・・・  4,835円
100,000円 × 100万円
2,585万円×80%
4,835円
加入額 2,100万円の場合

支払いは・・・・・100,000円

100,000円 100,000円

○家具類からの支払対象になる電化製品等の場合

家具類に100万円加入していたが、落雷で損害を受けたら100万円まで補償されるの?

例)Sさんの家に落雷があり、テレビに被害を受けた。修理を依頼したが修理不能、同等のテレビを購入するのに10万円の費用がかかるという。
◎Aさんのお宅は、住宅155uで家族4人(夫婦と中学生、小学生の子供2人)なので評価額は1,545万
・共通家具類 675万円
・世帯主夫婦 730万円
・個人中学生  70万円
・個人小学生  70万円
加入額 100万円の場合
支払いは・・・・・  8,090円
100,000円 × 100万円
1,545万円×80%
8,090円
加入額 1,300万円の場合

支払いは・・・・・100,000円

100,000円 100,000円
落雷事故に関するお問い合わせ先
NOSAI茨西 建物課
TEL 0296-30-2953(直通)