NOSAI茨西メイン>NOSAI茨西・アルバム>「信頼のきずな」未来を拓く運動事例発表 第1回茨城大会
「信頼のきずな」未来を拓く運動事例発表第1回茨城大会において
最優秀賞受賞
平成24年2月9日(木)
筑西市 ダイヤモンドホール

 茨城県農業共済組合連合会によって今回初めて開催された「信頼のきずな」未来を拓く運動事例発表第1回茨城大会において、県内7組合等の取り組みの中から当組合の発表が最優秀賞に選ばれました。この会は、NOSAI団体の全国運動である、「『信頼のきずな』未来を拓く運動」の趣旨に沿って各組合等が行ってきた、農家組合員のニーズや地域性に応える活動事例を発表、表彰するものです。役職員110名が参加し、各団体の若手職員が中心となって行った事例発表を聞き、相互研さんに努めました。
茨城県農業共済組合連合会 大山佳功 会長によるあいさつ 
大場孝志 茨城県西農業共済組合参事による開会
最優秀賞事例
    茨城県西農業共済組合
    「拡大するイノシシ被害に応えるRM(リスクマネジメント)活動で農家経営をサポート
獣害対策特殊部隊のイノシシ被害対策の取り組みを、隊員である若手職員二名が発表しました。
発表に聞き入る参加者 発表者 古橋宏規(中央左) 中嶋浩(中央右)
パソコン操作 関井 崇(右)
全国農業共済協会事務局長 徳井和久 氏
による講演「管理職の心構え」